借金地獄 金策 英語

金策する は英語で

raise money

金策 は

ways and means of raising money

ですね。

金策の方法は世の中に多々ありますが、借金するくらいなら諦めたほうが良いと思います。

借金地獄にハマったら身動きとれなくて何もできなくなります。

借りるのではなく投資してもらう、という発想なら良いのですけど。

クラウドファンディングという手もありますし。

知人でも、裕福な人脈を辿っていけばビジネスチャンスに出会えるものです。

「新たなアイデアがあるけど人材が足りない。資金を出すから俺の代わりにビジネスをやって欲しい。」とか言い出す富裕層はけっこういるみたいですよ。

その資金には当然のようにあなたの自由にできるお金も含まれていたりします。

金策だったらまず人脈作りが一番だと思います。

借金地獄 体験談 h

借金は債務整理すれば解決できます。

借金地獄などというものは、そんな知識のない方や、「債務整理したら負けだ」と思い込んでいる意固地な方や、債務整理に罪悪感を感じすぎている方が、自ら勝手に堕ちている地獄です。

男女問わず、なぜか債務整理をせず無理してお金を作ろうとする方が多い。

昔からドラマや漫画で描かれてきた借金返済のイメージに、とらわれすぎているのでしょうか。

そこまでする必要ないのに、なぜか女性の借金返済にはh系の体験談も尽きません。

もっと頭を柔らかくして物事を考えるようにしないと、フィクションの世界に洗脳されっぱなしで人生を終えることになってしまいます。

それで幸せなら、それでも良いのでしょうけど。

借金地獄 実話 本当にあった怖い話

借金地獄に陥ると、本当に怖い思いをすることがあるみたいですね。

でも世間で言われているような、沈められるだの風俗に売られるだの、というような話はさすがに独り歩きした盛られ過ぎの噂話だと思います。

過去にはあったのかもしれません。

でも今はコンプライアンス全盛ですから。

今でも、消費者金融とかで借りて、本当にいい加減な対応をしていると怖い人が出てくると思います。

でもそれはあくまで見せかけで、手を出すことはないでしょう。

少しでも手を出してしまうと刑事事件が成立してしまいますから。

返せないなら仕方ないのだから、怖がって逃げ回るのではなく、まず督促をストップしてもらうために弁護士さんや司法書士さんに相談するべきです。

きちんと対応すれば怖い思いをすることはありません。

貸した側から見れば、お金を返してくれない相手のほうがよっぽど怖い人です。

実際、開き直ってオペレーターに対して怒鳴り散らす輩も多いと聞きます。

そういう相手をおとなしくさせるためにも、怖い都市伝説を実話のように広める必要があるのかもしれませんね。

借金地獄ドキュメント

テレビ番組には、お笑いでもドラマでもなく、ドキュメントというジャンルがあります。

年を取ると旅番組やドキュメントばかり見てしまうと、マツコ・デラックスさんも言っていましたが、一般人のありのままの人生には、なにか鬼気迫る生々しさがあって、ついつい引き込まれてしまいますね。

ドキュメントにはやはり借金はつきものです。

平穏で順調な人生に密着しても面白くないですし、当然といえば当然。

ドキュメントの世界では、壮絶な借金地獄を味わっている人は珍しくありません。

しかしあくまでもテレビは観るものであって出るものじゃない、という線引きはしたほうが良いと思います。

見せ物になってたまるかという気持ちより、人に見てもらって同情されたいという気持ちが強くなってしまうと、見せ物根性が染み付いてズルズルと堕ちていってしまいます。

借金地獄 女性生殖器

女性は人生において、いつでも子供を産めるわけではなく、タイムリミットがあります。

その点において男性よりも、時間に対する意識が強い傾向にあるかもしれません。

つまり「今この時」は二度と戻らない、という意識。

今チャンスを逃すと一生後悔するかもしれない、という焦りが間違った判断に繋がるリスクは男性よりも高いかもしれませんね。

そして女性の借金地獄は、そういう所が原因になることも多いのかもしれません。

男性は男性で、もっと幼稚で短絡的に人生を棒に振ることが多いのですが、判断力を生殖器に支配されがちなのは男女ともによくあることなのでしょう。